開運占い辞典

   

寿命は占いでわかるの?鑑定結果の活かし方などを紹介

人の一生は長いと感じているかもしれませんが、何かを成し遂げるには足りないという人も少なくありません。それがわかるのは高齢になってからですが、その時点になって焦っても後の祭りです。自分の寿命がどれくらい残っているのか考えて、有効な過ごし方をするように心がけましょう。そう言われても、自分の寿命がわからないのでそんな気持ちになれないという人もいるかもしれません。その場合は占いを利用してチェックしてみるのも一つの手です。

もちろん寿命を正確に割り出すのは簡単なことではありません。ガンなどの病気になったときに余命を宣告されることもありますが、あの数値は別物なので注意してください。宣告された期間を過ぎても生きている人はたくさんいます。最先端の医療技術を駆使しても割り出せないのに、占うだけで求められるわけはありません。医学的な検査を行ったうえでの判断のほうが正確というのが実情でしょう。タレントの健康診断を行って、そのデータをもとに何歳で亡くなるのか診断するテレビ難組も人気です。

それなのに、わざわざ占ってもらう意味があるのか理解できないという人もいると考えられます。その疑問に対する答えはいろいろありますが主なものは以下の2つです。1点目は必ずしも老衰や病衣でなくなるとは限らないことです。それらだけが原因であれば、明らかに医学的な見地からのほうが精度の高い予想ができます。しかし、突発的なアクシデントが原因で亡くなってしまう人も珍しくありません。交通事故が代表的ですが、家や学校などの安全そうな場所でも命に関わるトラブルは起こりえます。大きな災害によってたくさんの人が亡くなることも多いです。そういった事柄が原因の場合、医学による予想は何の役に立ちません。

それに対して占いの場合、老衰や病気だけに限定することなく、いろいろな観点から鑑定してくれます。もちろん確実にその通りになるわけではありませんが、これからの生き方を考えるうえで参考になるでしょう。亡くなる日時を具体的に提示する鑑定の方法もありますが、目安を大まかに教えてくれるものもあります。四柱推命もその一つであり、自分が長生きできるかどうかを大まかに示してくれるのです。したがって、自分がどういう形で知りたいのか明確にしたうえで占ってもらうことが重要です。ただし、寿命に関する占いは大々的に行っていない場合もあります。

やはり命に関することは、うかつに口にできないという事情があるからです。結果を聞いたショックで生きる気力をなくしたり、的中しなくて問題になったりするかもしれません。そのような懸念があるのでメニュ―に加えていないところも多いですが、相談すれば自己責任という条件付きで鑑定してもらえる場合もあるでしょう。死因を占う方法もあるので、できるだけ安全に生きたい人も相談してみる価値があります。

寿命を占ってもらう意味の2点目は、鑑定結果だけでなく有益なアドバイスを得られるということです。占い師はカウンセラーに例えられることが多いですが、それは人生の指針となることを教えてくれるからです。いろいろな人の悩みを聞いて占ってきた経験により、鑑定結果をどのように活かしていけば良いのかも熟知しています。予想外に長かった場合や短かった場合でも、それを受け止めて残りの人生を有意義にする方法を助言してくれるでしょう。ポジティブに捉えられると、冗長な人生が充実するものに変わったり、短い人生が長くなったりするケースもあるかもしれません。いずれにせよ、あくまでも占いに過ぎないという事実を踏まえたうえで、自分にとってプラスになるように鑑定結果を参考にすることが求められます。

四柱推命 , 寿命 , 鑑定